• トップ
  • SEO対策を始める前にチェックすべき項目

SEO対策を始める前にチェックすべき項目

Titleタグが正しい内容で入力されているか?

titleタグはGoogleの検索エンジンに対して、ページの内容を表し、検索結果の画面にも表示されます。
SEO対策には、非常に重要なポイントになります。

  • 対策しているキーワードが内容に含まれているか?
  • それぞれのページで、custom writing service write my essays 別のtitleが設定されているか?
  • 簡潔明瞭な文章になっているか?
  • 単語だけ並べていないか?

metadescriptionタグが正しい内容で入力されているか?

metadescriptionは検索結果でtitleの下に表示される説明文になります。
この文章次第でクリック率が変わるとも言われております。
ユーザーに対してPRするだけの文章では無く、SEO対策においても
非常に重要な個所になります。

  • 対策しているキーワードが内容に含まれているか?
  • それぞれのページで、別のmetadescriptionが設定されているか?
  • 簡潔明瞭な文章になっているか?

<h1>タグが正し内容で入力されているか?

<h1>タグは、サイトの大見出しになります。大見出しにもSEO対策する
キーワードが入って有効です。SEO対策をするキーワードとサイトが
マッチしているかもGoogleの検索エンジンは見ます。

過去にSEO対策をしており、その時の被リンクが残骸として残っていないか?

以前は、被リンクが沢山付いていることが上位に上がると言われておりました。
そんな時代は過ぎ、現在はマイナス要素でしたかありません。
SEO対策をするのであれば、過去の被リンクはその時委託していたSEO会社様に外して頂かないと、あらたにSEO対策をしていも効果が出ない可能性があります。
しっかりと、外してもらいましょう。

URLの正規化

URLの正規化とは、複数存在するURLを一つにまとめる事を言います。
これは、やっていない会社様が多いのですが、custom writing service write my essays 同じページの内容が複数存在する事になります。
一般的には4通りです。エージェントサイトで言うと以下の4つとなります。

【www】あり、なし。
  • http://agent-seo.jp
  • http://www.agent-seo.jp
【index.html】あり、なし
  • http://agent-seo.jp
  • http://agent-seo.jp/index.html

ユーザーの見た目的には変わりませんが、Googleの検索エンジンに対してオリジナルのURLは「これです」と明確にしてあげる事です。
同じサイトが複数存在すると、被リンクの力も分散されてしまう事があります。
それだけで、順位に影響が出る事も考えられます。
まずは、一旦見直してみましょう。